スキミングについての詳しい内容はコチラ

お問い合わせ・お見積はコチラへ!

 

どんなカードに効果があるの?
 現在、カードの種類としては、カード裏面に磁気ストライプのテープを貼ったものや、カード表面にICチップを埋め込んだ接触型のタイプと、カードの内側に半導体チップ、アンテナコイルを内蔵した非接触型ICカード、もしくはその複合型などの種類があります。
 現在起きている「非接触型のスキミング被害」は人混みなどでターゲットに近づき非接触型のスキマーで、服の上、鞄の中からカード情報を読みとるというものですが「スキミング・バスターズ」は「Suica」や「Edy」カードなどの非接触型ICカードに対して非常に有効です。
 現在ご使用のカードは接触型カードが多いのですが、情報量と利便性、コスト面などからこれからは非接触型ICカードが主流になると予想されています。既に自治体発行の「住民基本台帳」は非接触型ICカードであり、今後「運転免許証」「健康保険証」などは非接触型ICカードに移行されます。
 もちろんICカードは複雑に暗号化されており安全を保証されているとは思いますが、現在のICカードでは市販のカードリーダーで服の上、鞄の中からカード情報を読みとることが出来るのも事実です。利便性を追求する非接触型ICカードへの流れはセキュリティの観点から非常に憂慮される事態でもあります。
 金融機関の対応はさまざまですが、金銭面でのスキミング被害だけでなく、個人情報漏洩も非常に心配されます。
 そこで、カード自体の安全性では心配とされる方に2重ロックをかける意味からも「スキミング・バスターズ」は大きな効果を発揮します。
どういう使い方があるの?
 使い方はさまざまです。現在街で配られている販促用グッズや企業様のノベルティグッズ、記念品やイベント用品としても耐久性に優れ話題性としてもタイムリーです。
 大きな商圏をお持ちの企業様や人が多く集まる企業様などには
理想的なノベルティグッズとなります。
 ユニークな使い方としてお問い合わせがあったものでは複写機メーカーの「新型名刺」や芸能関係の「ブロマイド」など、各企業様ともいろいろと考えられています。
最小ロットは?
 「スキミング・バスターズ」に使用されている材料は、1ロット限界点の2,000m巻きで6万枚の加工が出来ます。小ロットをご希望の方には、その素材と形状により直接印刷が困難ですので現在は既印刷の台紙にシール貼りで対応させていただいております。ご了承くださいませ。

※尚、台紙のみの販売も致しております。

デザインの持ち込みはできるの?
 納品までのスケジュールとあわせてお答えします。


※デザインお持ち込みの場合の入稿データは、Mac OS.9もしくはXのIllsutrator9.X.CS(文字はすべてアウトライン済)。もしくは画像データ(jpeg.tiff.psd)でお持ち込みください。
注:色校正がでませんので必ず出力見本をお付けください。

※納期については、枚数・色数により異なりますのでご契約時にお知らせいたします。


お支払いは?
 基本的に、納品月の月末締め、翌月末にお支払いいただくことになります。
 小ロットに関しては基本的にご入金後に印刷納品となります。

※貴社の支払い日にもよりますので事前にご相談ください。

ページの先頭へ